中国の銀行 不良債権問題は表面化するか
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

中国の銀行 不良債権問題は表面化するか

中国国家統計局が先週発表した4-6月期の国内総生産(GDP)の伸び率は予想を上回り、安定成長が示された。だが、銀行融資に占める不良債権比率への懸念は払拭されていない。ある専門家は、銀行が破たん状態になった場合には、政府が多大なコストを払ってでも救済に動くはずだと語る。BBCのロビン・ブラント記者がリポートする。