パキスタンのネット・アイドル、「名誉」のため兄が殺害
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

パキスタンのネット・アイドル、「名誉」のため兄が殺害

パキスタン初のソーシャルメディア・スターと呼ばれ、肌を多少露出した写真やリベラルな言動が国内で物議をかもした女性、カンディール・バローチさん(26)が15日、兄に殺害され、パキスタン社会に衝撃が走った。

バローチさんがフェイスブックなどに投稿する写真や発言は、欧米や日本の基準ではそれほど挑発的ではないように見えても、女性の自由な発言や行動が厳しく制限されるパキスタンでは、保守的な人たちの怒りを買うに十分だった。

バローチさんは殺害される前日、フェイスブックに「自分は現代のフェミニストなんだと思う。私は平等を信じる。どういう女性になるべきか選ぶ必要なんかない。社会のために自分にレッテルを張る必要もない。私は単に、自由な考え方の女で、そういう自分が大好き」と書いていた。

パキスタンでは年間数百人の女性が、いわゆる「家族の名誉を守るため」という理由で殺害される。

娘の死を嘆く両親が、BBCウルドゥ語の取材に応じた。

(英語記事 Qandeel Baloch: 'She was a girl just like you'