ワシントンの名物ホットドッグ店 歴代大統領もひいきに
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ワシントンの名物ホットドッグ店 歴代大統領もひいきに

4年に一度の大統領選挙を11月に控え、政治の季節が佳境を迎えた米国。首都ワシントンで政治家に長年愛されてきた名物ホットドッグ店「ベンのチリボウル」をBBCのルーシー・ホッキングス記者が取材した。1958年の開店以来、議員や各州の知事などワシントンならではの顧客たちに愛されてきた。近年では、オバマ大統領やブッシュ前大統領も訪れている。店のオーナー、バージニア・アリさんは、今年の選挙戦について、「争いと対立で分断がひどいけど、アメリカは団結しなくちゃならないし、団結しますよ」と話す。