仏北部で教会立てこもり 司祭を殺害
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

仏北部で教会立てこもり 司祭を殺害

フランス北部ルーアン近郊で26日、カトリック教会に刃物で武装した男2人が押し入り、ミサを執り行っていた司祭や修道女、信者ら5人を人質に取って立てこもった。犯人らは80代の司祭を殺害。その後、男らは特殊部隊によって射殺された。ヒュー・スコフィールド記者がリポートする。