リオのストリート・アーティスト 夢は貧困地区初の美術学校
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

リオのストリート・アーティスト 夢は貧困地区初の美術学校

五輪開催中のリオデジャネイロでは、街のあらゆるところでストリート・アートを見つけることができる。天使のモチーフで知られる注目のストリート・アーティスト、「ホシーニャのワーク」ことマルコス・ネべスさんは、ブラジル最大の貧困地区ホシーニャが地元だ。「ワーク」さんは、将来はホシーニャで初めての美術学校を建てたいと話す。