リオの貧困地区から生まれたダンス、これぞブラジルだと
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

リオの貧困地区から生まれたダンス、これぞブラジルだと

ブラジル・リオデジャネイロのファベーラ(貧困地区)で生まれた若者のストリート・ダンス「パッシーニョ」が、YouTubeをきっかけに大人気だ。

「小さいステップ」を意味する「パッシーニョ」は、ブレイクダンスやファンクを組み合わせたダンス。オリンピック開催に合わせてコンテストが開かれるなど、注目が集まっている。

パッシーニョのおかげでプロとして生計を立てられるようになったというダンサーのイグイーニョさんに、BBCが話を聞いた。

(英語記事 Brazilian dance craze sweeps through Rio's favelas