【リオ五輪】ホームレス少年からトライ王に 米アイルズ選手
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【リオ五輪】ホームレスからトライ王に 米アイルズ選手

リオデジャネイロ五輪で7人制ラグビーのトライ王となった米国のカーリン・アイルズ選手は、困難な少年時代を乗り越え五輪行きの切符を手にした。6歳足らずでホームレス生活を経験。母親が逮捕・収監され施設に入れられたこともある。ラグビーに取り組んだのは、足が速いという自分の才能をどうやって生かすかを考えたすえの選択だった。