日本の政治家は退屈? イメージ覆す事例も
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

日本の政治家は退屈? イメージ覆す事例も

21日のリオデジャネイロ五輪閉会式で、安倍首相は人気ゲームのキャラクター「マリオ」に扮してステージに現れ、2020年東京五輪をアピール。意外な演出に世界が注目した。日本のスーツ族たちのお堅いイメージを覆す宣伝手法の最新のヒットとなったが、ラッパーを演じる秋田県湯沢市の副市長から、水着で自撮りする裁判官まで、一風変わった事例はソーシャル・メディアの隆盛を背景に増えているようだ。