「少しだけ息できる」救助待つ女性 イタリア中部地震
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「少しだけ息できる」救助待つ女性 イタリア中部地震

「息はできますか」「少しだけ」――。イタリア中部で24日に起きたマグニチュード(M)6級の地震では、多くの建物が崩壊し、がれきの下敷きになった人々が救助を待っている。イタリア当局は25日早朝、少なくとも240人が死亡したと発表した。

しかし、依然として大勢が行方不明となっており、犠牲者の数は増える見通しだ。

最も大きな被害が生じた地域の一つ、アマトリーチェでは、救助隊によるがれきの中の生存者の捜索が続いている。