【イタリア地震】 村が山から滑り落ちた 不気味な静けさ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【イタリア地震】 村が山から滑り落ちた 今は不気味な静けさ

イタリア中部を24日午前3時36分(日本時間午前10時36分)に襲ったマグニチュード(M)6.2の地震で、山間のペスカーラ・デル・トロント村ではほとんどの建物が倒壊した。

発生17時間後に10歳少女が救出されるという朗報もあったが、それは例外で、今では不気味な静けさが広がっている。

住民約100人の古い小さな村には、夏休みで多くの避暑客や観光客が訪れていた。そのため、実際の被害人数が把握しにくい状況だ。

デイミアン・グラマティカス記者が報告する。

(英語記事 At the scene: Italy quake razes Pescara del Tronto