難民キャンプで心の健康を保つには 5つのヒント
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

難民キャンプで心の健康を保つには 5つのヒント

欧州にたどり着く難民の多くが、難民キャンプで長い間、生活している。様々な援助団体は、身体の健康だけでなく、心の健康を保つため、専門家を派遣するなど、様々な対策を導入している。

ギリシャ・レスボス島の難民キャンプで支援活動にあたるNGO「国際救済委員会」(IRC)の臨床心理士キキ・ミハイリドゥさんが、心の健康を保つための5つのヒントを教える。

(英語記事 A psychologist explains how to try to maintain mental health at a refugee camp)