アフリカのゾウ激減 死体があちこちに
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

密猟でアフリカのゾウ激減 あちらにもこちらにも死体

アフリカ全土の上空からゾウを数える初の試みで、ゾウの数が激減していることが確認された。上空から見下ろすと、ゾウの死体があちこちに点在しているのが分かるという。

マイクロソフト社の共同創業者ポール・アレン氏が700万ドルを出資した調査事業「グレート・エレファント・センサス」の担当者たちは、2年間かけてアフリカ18カ国の上空を50万キロにわたり飛び続けて地上のゾウを数えた。

「2007年以来、アフリカは14万4000頭のゾウを失った。原因は主に、象牙目当ての密猟だ。毎年3万頭近いゾウが死んでいる」と調査を主導したNGO「国境なきゾウ」のマイク・チェイス博士は言う。この減少ペースでいくと、今後9年間で残るアフリカゾウ推定35万頭は半減するおそれがあるという。

アジアの象牙需要に応えるための密猟が最も深刻なタンザニア、モザンビーク、アンゴラでゾウが激減する一方、危険を察してかボツワナに「避難」するゾウの数が、環境に負担をかけるほど増えている。

ボツワナには現在、アフリカ大陸のゾウの4割以上が集中している。しかしアフリカ特派員のアラスター・リースヘッド記者は、今やボツワナも密猟者に狙われていると報告する。

アフリカのサイをハイテクで守ろうとする取り組みの紹介はこちら

(英語記事 Why elephants are seeking refuge in Botswana