イエメン内戦で飢える子供たち 熱と下痢で死に至る子も
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

イエメン内戦で飢える子供たち 熱と下痢で死に至る子も

(このビデオには冒頭から、つらい映像が含まれます)

昨年初めに政権が崩壊し内戦状態に陥ったイエメンでは、多くの住民が飢餓状態にある。

国連によると昨年3月から今年8月までの間に、約3500人以上の市民も犠牲になっている。

主要援助団体がもはや活動できない地域では、食料も医薬品も枯渇し、最も弱い立場の幼い子供たちが飢えて犠牲になっている。

BBCアラビア語のナワル・アル・マガフィ記者が現地から報告する。

(英語記事 Children dying of starvation in Yemen's conflict