6歳米少年、シリア男児を「うちに連れてきて」と大統領に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米の6歳少年、シリア男児を「うちに連れてきてください」と大統領に手紙

米ニューヨークに住む6歳のアレックス君が8月21日、オバマ大統領に手紙を書いた。「あの子をうちに連れて来てください」と。

「あの子」とは、シリア・アレッポでほこりと血にまみれて呆然と座っていた5歳のオムラン・ダクニーシュちゃんのことだ。

世界各地で大勢が衝撃を受けて怒りにかられた画像を、アレックス君も目にして、そして大統領に手紙を書いたのだという。

オバマ大統領は19日、国連総会の難民サミットでアレックス君の手紙を紹介し、「私たち全員がアレックスから学べる」と称えた。

ホワイトハウスはさらに、手紙を朗読するアレックス君を撮影し、21日にビデオを公開した