【米大統領選2016】恐怖の政治――その狙いは
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【米大統領選2016】恐怖の政治――その狙いは

「恐怖の文化」という本の著者バリー・グラスナーさんは、「恐怖を煽るという行為は、米国での生活において非常に重要なものだ」と話す。

グラスナーさんによると、米大統領選はもう数十年前から、有権者の恐怖を煽りたてることで支持を得ようとしてきた。

今年の大統領選ではどうか。そして有権者の恐怖を煽ることで、政治家は何をしようとしているのか。