【米大統領選2016】最後の討論会、飛び交う非難 相手を遮り
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【米大統領選2016】最後の討論会、飛び交う非難 相手を遮り

米大統領選で争う民主党候補のヒラリー・クリントン氏と共和党候補のドナルド・トランプ氏の最後のテレビ討論会が米東部時間19日夜(日本時間20日午前)過ぎ、ネバダ州ラスベガスで行われた。

ロシアとの関係について両候補は激しく相手を非難しあった。さらに、選挙が不正に仕組まれていると主張してきたトランプ氏に「絶対的に選挙結果を受け入れると約束するか」と司会のクリス・ウォラス氏が尋ねると、トランプ氏は「検討する」とだけ答えた。