カレー「ジャングル」退去する移民たち 複雑な心情
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

カレー「ジャングル」退去する移民たち 複雑な心情

仏当局は24日、英仏海峡近くにあるカレーの移民キャンプの閉鎖に着手した。当局によると、「ジャングル」と呼ばれる移民キャンプには約7000人が劣悪な環境下で生活していた。

フランス各地にある難民受け入れセンターに移る手続きの受付所には、数十人の移民が早朝から列を作った。

フランス国内で手続きをするという人たち、あくまでも英国を目指すという人たちに、それぞれ話を聞いた。