米人気歌手この写真で危うく御用? 米投票所での禁止事項は
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米人気歌手この写真で危うく御用? 米投票所での禁止事項は

米人気歌手・俳優のジャスティン・ティンバーレークさんが米大統領選に事前投票した際の自撮り写真をインスタグラムに投稿したため、あやうく警察沙汰になるところだった。

投票したのはテネシー州メンフィスだが、同州では昨年から投票所での撮影が法律で禁止されたからだ。

地区検事は地元紙に対して、人員も時間も限られている中でこの件を捜査するつもりはないと話している。

AP通信によると、テネシー州をはじめ18州で投票ブース内の撮影が禁止されているが、首都ワシントン(コロンビア特別区)と20州では合法。

ティンバーレークさんは写真を投稿し、「投票権を行使しよう!」と投票を呼びかけた。これを受けて、州務長官の報道官は、ティンバーレークさんの熱意を歓迎すると表明している。

米国の投票所で、州によっては禁止されている行為を5つまとめた。

(英語記事 Justin Timberlake in election voting selfie gaffe