「ブレイキング・バッド」主役、自分を捨てた父のこと
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「ブレイキング・バッド」主役 自分を捨てた父、そして名声の代償について

米国テレビ史上最高傑作のひとつと言われるドラマ「ブレイキング・バッド」の主役ウォルター・ホワイトを演じた米俳優ブライアン・クランストンさんが今秋、困難な生い立ちや俳優修業の日々、「ブレイキング・バッド」への思いなどについてつづった自伝「A Life in Parts」を発表した。

BBC番組「ニュースナイト」のインタビューでクランストンさんは、「ブレイキング・バッド」について、家族について、大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏について、そして名声の難しさについて語った。