11月に英国人が胸にする赤い花 戦没者を追悼し
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

11月に英国人が胸にする赤い花 戦没者を追悼し

10月末から11月11日に向けて、英国では多くの人が襟や胸に赤い花の造花やバッジを着ける。

これは第1次世界大戦が休戦協定が締結された1918年11月11日を記念して、戦没者を追悼するもの。フランスの激戦地に揺れる赤いけしの花をかたどっている。この習慣がどのように始まり、現在まで続いてきたかを振り返る。