レバノンのリンゴを救え! レシピ共有してみんなで食べた
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

レバノンのリンゴを救え レシピ共有してみんなで食べよう

レバノンのリンゴ農家が危機に直面している。シリア内戦の前は、レバノンの果物輸出の多くがシリア向け、あるいはシリア経由で周辺の市場に運ばれていった。

内戦によってシリア経由の輸出が難しくなり、輸送費が高騰。多くのリンゴがレバノンを出られず、腐るがままになっていた。

そこで人気のフード・ブロガー、アンソニー・ラハイェルさんがソーシャルメディアを使って、レバノンのリンゴを食べよう!と呼びかけたところ、大きな反響があった。

(英語記事 Food blogger offers cure for Lebanon's apple crisis