トルコで拷問や性的虐待 クーデター未遂事件後の摘発で
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トルコで拷問や性的虐待 クーデター未遂事件後の摘発で

今年7月にトルコで起きたクーデター未遂事件後に行われた大規模な粛清を受け、人権侵害の懸念が高まっている。容疑者らに対する拷問や性的虐待の疑いについて事実関係を確認するため、国連は特別調査官をトルコに派遣した。

当局による摘発で、数万人が投獄されており、活動家らや西側諸国の一部から非難の声が上がっている。BBCのマーク・ローウェン記者が取材した。