墜落直前の交信 「電気系統が故障、燃料もない」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

墜落直前の交信 「電気系統が故障、燃料もない」

南米コロンビア北部メデジンの近くで11月28日夜、ブラジル1部リーグのプロサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手らを含む77人を乗せた旅客機が墜落した事故について30日、操縦士と管制官との交信記録が、メデジン航空管制当局から地元ラジオ局に流出した。

墜落直前の録音から、燃料が切れたと操縦士が連絡していることが明らかになった。