乗るはずだった墜落機 サッカー実況解説者が語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

乗るはずだった墜落機 サッカー実況解説者が語る

ブラジルのサッカー実況解説者、アグノレットさんは先月末にコロンビアで墜落した旅客機に乗っているはずだった。

ブラジル1部リーグのプロサッカーチーム「シャペコエンセ」の「コパ・スダメリカーナ」決勝戦出場が決まった際、国際大会を一度も担当したことがない同僚の希望を受け入れて実況を譲ったのが、運命の分かれ道になった。

乗客名簿に名前が残っていたことから犠牲者の一人と勘違いされた経緯などをアグノレットさんに聞いた。