「ブラック・ピート」の顔色が変わる オランダ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「ブラック・ピート」の顔色が変わる オランダ

オランダでは、シンタクラース、つまり聖ニコラウスを祝うお祭りが11月と12月初めに行われる。

そのシンタクラースといえば、お手伝いの従者「ブラック・ピート」がつきものだが、お祭りに登場する際の姿には近年、批判が高まっていた。

白人が顔を黒く塗る、いわゆる「ブラック・フェイス」の「ブラック・ピート」が、今年のアムステルダムでは代わりに、灰色の顔をした煙突掃除のピートが登場した。

伝統行事に関する賛否両論について、アナ・ホリガン記者が報告する。