救急隊員を襲う「ダブルタップ」 イエメン内戦で非難の声
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

救急隊員を襲う「ダブルタップ」 イエメン内戦で非難の声

中東イエメンの内戦で、空爆の負傷者を救助する隊員たちを再び空爆が襲う、「ダブルタップ」と呼ばれる戦術が使われており、国連などで非難の声が高まっている。

BBCアラビア語のナワル・アル・マガフィ記者が、「ダブルタップ」で父親を失った少年を取材した。