Video shows flaming buses in Syria
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

シリアの避難バスに放火 反政府勢力が

シリアの反政府勢力が、住民の避難用バスに放火したとされる様子の映像が明らかになった。バスは、イドリブ県で政府軍が掌握するフォア村とケフラヤ村から傷病者を脱出させるためのものだったという。

放火は反政府勢力ジャブハト・ファタハ・アルシャム(旧ヌスラ戦線)によるもの、との報道が複数ある。一方で、レバノンを本拠とし、シリア政府を支援する武装勢力ヒズボラは、ファタハ・アルシャムと、住民の退避を支持するほかのイスラム聖戦主義者の間で始まった戦闘の中で放火が起きたと説明している。

政府勢力は、アレッポ東部からの住民避難が再開するには、まずシーア派イスラム教徒の多いフォアとケフラヤ村からの避難実施が先決だと主張している。

国営メディアは、アレッポから18日には避難の車列が出発したと伝えているが、引き返すことになったという情報もある。

アレッポ東部に残る最後の反政府勢力地域から住民を脱出させようという停戦合意は16日に崩れ、多くの住民が脱出経路の随所で水・食料のないまま置き去りにされた。

(映像に音声はありません)