40年前の不倫が注目され恥ずかしく……BBC番組でフィッシャーさん
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

40年前の不倫が注目され恥ずかしく……BBC番組でフィッシャーさん

心臓発作のため27日に亡くなった米女優で作家のキャリー・フィッシャーさんは今月初め、BBCの人気トーク番組「グレアム・ノートン・ショウ」に出演し、最新の著作「The Princess Diarist」について話していた。

19歳でレイア姫として「スター・ウォーズ」に出演中につけていた日記を公表した本は、ハン・ソロ役のハリソン・フォードさんと当時、不倫関係にあったことも明らかにしたため、大きな話題になった。

不倫関係があまりに話題になって恥ずかしいと言うフィッシャーさんを、グレアム・ノートン司会者をはじめ、一緒に出演したアーティストのグレイソン・ペリーさん、コメディアンで司会者のサンディ・トクスビクさんが元気づけている。