数十万人が急性栄養失調 ナイジェリアで国連が警告
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

数十万人が急性栄養失調 ナイジェリアで国連が警告

西アフリカのナイジェリアで、政府とイスラム過激派「ボコ・ハラム」との戦闘によって難民化した人々の飢餓問題が深刻化している。

国連は、ナイジェリア北部で数十万人が急性栄養失調に苦しんでいるとの警告を発表した。

難民キャンプでは、支援物資が横領されているとの指摘も出ており、問題の解決は一筋縄ではいかない状況だ。