チュニジアのホテル襲撃事件、当局が首謀者特定か
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

チュニジアのホテル襲撃事件、当局が首謀者特定か

2015年にチュニジアのビーチリゾートが襲撃され38人が死亡した事件で、現在も逃亡中のシャムセディン・アルサンディ容疑者が首謀者とみられることが、BBCのドキュメンタリー番組「パノラマ」の取材で明らかになった。

事件の逮捕者の供述書を「パノラマ」が入手した。アルサンディ容疑者は、事件の3カ月前に起き、邦人3人を含む20人以上が死亡したバルドー博物館での銃乱射も主導していたとされる。同容疑者はリビア国内に潜伏しているとみられている。