「決して憎んではならない」 公民権運動を闘ったルイス米下院議員
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「決して憎んではならない」 公民権運動を闘ったルイス米下院議員

1960年代の米公民権運動の闘士のひとり、ジョン・ルイス下院議員(民主党、ジョージア州選出)は、かつて共に闘ったマーティン・ルーサー・キング牧師の生誕記念日の16日、記念イベントに出席し、若者に向けて「決して、決して憎んではならない」と呼びかけた。

1960年代には繰り返し逮捕され、投獄され、平和的行進では警察に叩かれ重傷を負うなどの経験を重ねてきたルイス議員は、トランプ氏を「正当な大統領として認めない」と就任式欠席を表明。これに対してトランプ氏が、「口先ばかりで行動しない」とツイッターで攻撃したため、反発する複数の民主党議員たちが就任式ボイコットを表明している。