ハード、ソフト、クリーン、灰色……ブレグジット多種多彩
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ハード、ソフト、クリーン、灰色、赤白青……ブレグジット多種多彩

テリーザ・メイ英首相は、17日に予定される欧州連合(EU)からの離脱交渉に関する演説で、「部分的」な離脱を否定する見通しだ。

これはもしかすると、いわゆる「ハード・ブレグジット」なのだろうか。

昨年6月の国民投票以来、ブレグジット(英国のEU離脱)がどのようなものになるのか憶測が飛ぶ中、様々な用語も定義があいまいなまま飛び交ってきた。

「ハード・ブレグジット」、「ソフト・ブレグジット」、「クリーン・ブレグジット」、「ダーティ・ブレグジット」、「灰色のブレグジット」、「白いブレグジット」、「黒いブレグジット」、「赤白青のブレグジット」と多種多彩で、「PAYG(Pay As You Go=使った分だけ払う)ブレグジット」という表現も登場した。

よく分からない色々な「ブレグジット」用語について、BBCの政治番組「デイリー・ポリティクス」のアダム・フレミング記者が解説する。

(英語記事 Brexit options: Hard, soft, grey and clean versions

More: Follow @daily_politics on Twitter and like us on Facebook and watch a recent clip and watch full programmes on iPlayer