「ここは皆さんの国」「アメリカにようこそ」 ワシントンの空港で歓迎と抗議
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「ここは皆さんの国」「アメリカにようこそ」 ワシントンの空港で歓迎と抗議

特定7カ国の国民の入国を一時禁止するドナルド・トランプ氏の大統領令によって28日、米国各地の空港で永住権を持つ人たちも長時間にわたり拘束された。

首都ワシントン近郊のダレス国際空港では、イラク戦争で米軍通訳を務めたイラク人など、永住権を持つ人たちも長時間拘束された。

空港には大勢が集まり、拘束に抗議。「アメリカにようこそ!」、「Let them in!(みんなを入れろ!)」とシュプレヒコールを繰り返し、「この国はあなたと私のために作られた」という歌詞の愛国歌を合唱した。