英下院、ブレグジット手続き開始を可決
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

英下院、ブレグジット手続き開始を可決

英下院は1日、欧州連合(EU)に離脱を通知する権限を政府に与える法案を賛成多数で可決した。

ブレグジット(英国のEU離脱)担当相のデイビッド・デイビス氏のほか、与野党の議員たちが賛成・反対の意見応酬を2日にわたり重ねた後、下院は498対114で離脱手続き開始を承認した。

与党・保守党と労働党指導部は手続き開始に賛成したものの、スコットランド国民党と自由民主党は反対。労働議員47人のほか、保守党の歴代政権で閣僚を歴任したケン・クラーク氏も反対に回った。