トランプ氏「僕はどちらでもいい」 中東紛争の解決方法
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏「僕はどちらでも構わない」 中東紛争の解決方法

ドナルド・トランプ米大統領は15日、イスラエルとパレスチナの紛争について「2国家共存構想」を支持してきた米国の長年の中東和平方針を撤回すると表明した。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相(愛称「ビビ」)との記者会見でトランプ氏は、2国家構想について、「僕はどちらでも構わない」とこだらわない姿勢を示した。