世界の名所をセーターに編む男性 ソーシャルメディアで話題に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

世界の名所をセーターに編む男性 ソーシャルメディアで話題に

世界の名所をデザインしたセーターを編み、名所の前でセーターを着て「自撮り(セルフィー)」する米国人男性がソーシャルメディアで話題になっている。

米東部メリーランド州に住むサム・バースキーさんは、これまでに評判が良かったのは、ニューヨークのタイムズスクエアやサンフランシスコの金門橋のセーターだったと話す。名所ではない平凡な景色からインスピレーションを得て編むこともあるという。