米動物園の人気パンダ、中国に返還へ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米動物園の人気パンダ、中国に返還

ワシントンの国立動物園で2013年に生まれた人気のパンダ、バオバオが21日、中国に向かうため16時間の飛行機の旅に出発した。

米国内のパンダはすべて中国から貸与を受ける形を取っており、中国での繁殖活動に参加させるため、4歳になる前に返還される取り決めがある。

一緒に運ばれる荷物も少なくない。フライト中にお腹を空かせないように、竹25キロなどのえさも準備された。BBCのローラ・トレベリアン記者がリポートする。