バンクシー、パレスチナに「世界最悪の長めのホテル」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

バンクシー、ベツレヘムに「世界最悪の眺めのホテル」

英国出身の芸術家、バンクシーが、ヨルダン川西岸のベツレヘムに「世界最悪の眺めのホテル」をオープンした。

ホテルは、パレスチナ自治区とイスラエル支配地区を分断するためにイスラエル政府が建てた分離壁の目の前にある。窓からは壁がはっきりと見える。

ニューヨークの高級老舗ホテル「ウォルドルフ・アストリア」をもじった、「ウォールド・オフ・ホテル」(壁で遮断されたホテル)の中には、イスラエルとパレスチナの対立に関するバンクシーの意見表明ともいえる作品が多く展示されてる。

(英語記事 Banksy decorates West Bank hotel with views of Israel's wall