抵抗運動の象徴となり 星条旗をかぶったムスリム女性に聞く
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

抵抗運動の象徴となり 星条旗をかぶったムスリム女性に聞く

今年1月の女性大行進では、世界各地で星条旗をヒジャブとしてかぶった女性の絵が、トランプ米政権に対する抵抗の象徴として使われた。

絵のもととなったのは、ムニラ・アフメドさんを撮影した写真だった。

自分の顔が世界中で使われていることをどう思うか、アフメドさんがBBCに語ってくれた。

(英語記事 Munira Ahmed: Life as the face of the Trump resistance