麻薬犯罪の覆面捜査14年 元警官が政策変更訴える
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

麻薬犯罪の覆面捜査14年 元警官が政策変更訴える

麻薬犯罪の覆面捜査に14年間たずさわっていた元警官のニール・ウッズさんは、麻薬問題は政府の政策のせいだと主張する。

ウッズさんは数百人の犯罪者の摘発に関わり、結果として裁判所が下した禁錮刑は合計1000年以上だという。

BBCのニュース番組「ビクトリア・ダービシャー」がウッズさんにインタビューした。