FBI長官「プーチン氏はクリントン氏を激しく嫌い」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

FBI長官「プーチン氏はクリントン氏を激しく嫌い」

米連邦捜査局(FBI)のジェイムズ・コーミー長官は20日、下院情報委員会公聴会で証言し、ロシアによる米大統領選介入疑惑の捜査に関連して、ドナルド・トランプ米大統領の陣営とのつながりも調べていると初めて認めた。

情報委員会のアダム・シフ筆頭委員(民主党)に対してコーミー長官は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はそもそも民主党大統領候補になったヒラリー・クリントン氏を激しく嫌っていたため、トランプ氏を応援し、クリントン氏と民主党に打撃を与える作戦を展開したと証言した。

ロシアの狙いに関する、コーミー長官の証言要点をまとめた。