【ロンドン襲撃】 刺された警官助けようと 逃げるより近づき
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【ロンドン襲撃】 刺された警官助けようと 真先に駆け寄った元陸軍兵

ロンドン中心部の英議会議事堂周辺で22日に起きた襲撃事件で、近くに居合わせたトニー・デイビスさんは、犯人がナイフを振りかざして警官を襲うのを見て、そこから逃げるのではなく、現場に向かって柵を跳び越えて駆け寄った。

英陸軍出身でボクシング英国代表チームのコーチだったデイビスさんは、刺されたキース・パーマー巡査のもとに真っ先に駆け付け、応急処置を施したという。

巡査を助けられなかったと無念の思いを抱くデイビスさんに、BBCのマーク・イーストン記者が話しを聞いた。