「キリストの墓」修復終え公開 エルサレムで
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「キリストの墓」修復終え公開 エルサレムで

キリスト教徒にとって最も重要な聖地の一つ、エルサレム旧市街にある聖墳墓教会内で、「イエスの墓」と信じられている場所を覆う小聖堂の修復がこのほど完了した。

「エディクラ」と呼ばれる小聖堂の修復過程では、使われていた大理石の板の一部が、ローマ帝国時代の4世紀にキリスト教を国教化したコンスタンティヌス1世の治世のものであることが分かった。