化学兵器か シリア・イドリブ攻撃で子供も被害に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

化学兵器か シリア・イドリブ攻撃で子供も被害に

(このビデオの映像の一部に衝撃を受ける方もいるかもしれません)

シリア北西部イドリブ県の反政府勢力地域で4日早朝に爆撃があり、子供を含む少なくとも58人が死亡し、多数が負傷したという。民間団体「シリア人権監視団」は、シリアかロシアによる攻撃で、化学兵器の使用が疑われると指摘している。

英国拠点の民間団体「シリア人権監視団」は、ハーン・シェイフーンに対する攻撃で多くの人が窒息したり口から泡を吹いたりと、化学兵器攻撃を思わせる被害にあったと報告している。