シリア・イドリブ攻撃 「呼吸困難の半数以上が子供」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

シリア・イドリブ攻撃 「呼吸困難の半数以上が子供」

シリア北西部イドリブ県の反政府勢力地域で4日早朝に爆撃があり、子供を含む少なくとも58人が死亡し、多数が負傷したという。民間団体「シリア人権監視団」は、シリアかロシアによる攻撃で、化学兵器の使用が疑われると指摘している。

BBCは、現地で救急活動にあたった男性と、親アサド政権の議員に、それぞれ事態について話を聞いた。

(英語記事 Dozens killed in suspected chemical attack in Syria