Man forcibly dragged off US flight
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米ユナイテッド航空、男性乗客を無理やり引きずりおろし

米シカゴで9日夜、シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行のユナイテッド航空3411便で、アジア系の男性乗客が航空治安当局の係官に無理やり引きずりおろされる様子の映像が、インターネットに投稿された。

乗客のオードラ・ブリッジスさんが撮影したこのビデオのほか、複数のビデオがインターネットに掲載されている。

男性は口から血を流している。ほかの乗客が「なんてことするの、止めなさい!」などと非難するのが聞こえる。

ユナイテッド航空はBBCに対して、「シカゴ発ルイビル行の3411便はオーバーブッキング状態だった」、「(別便への振り替えに応じる)ボランティアを探したが、乗客の1人が自発的に降りることを拒否したため、当局をゲートに呼んだ」と回答した。

他の乗客は、男性が医師で、翌日には病院に戻らなくてはならないため、降機を拒否したのだと説明している。

ユナイテッド航空のオスカー・ムニョス最高経営責任者はツイッターで、「ユナイテッドの全員が困惑し動揺しています。乗客を振り替えなくてはならなかったことを謝罪します」、「喫緊に当局と協力し、事実関係を詳細に調査する」と表明している。