米報道官「ヒットラーさえ化学兵器使わず」発言を謝罪
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米報道官「ヒトラーさえ化学兵器使わず」発言を謝罪

ホワイトハウスのショーン・スパイサー大統領報道官は11日、ロシアのシリア支援を批判するなかで、ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーでさえ化学兵器は使わなかったと発言し、批判された。

ナチス・ドイツがユダヤ人などをガスで集団虐殺したことを指摘され、批判されたスパイサー氏は後に、ヒトラーはシリアのバシャール・アル・アサド大統領と「同じようには」化学兵器を使わなかったと釈明した。

報道官はさらにその後、「不適切かつ無神経な形でホロコーストをたとえに出したが、比較できるようなことではない。謝罪する。間違いだった」と謝った。