「映像見て気分悪くなった」ユナイテッド航空被害者の娘
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「映像見て気分悪くなった」ユナイテッド航空被害者の娘

米ユナイテッド航空に無理やり降機させられたベトナム系米国人の医師、デイビッド・ダオさんの家族と弁護士が13日、シカゴで記者会見した。

娘のクリスタルさんは、起きたことの内容を聞き、また空港の治安当局者に引きずられる父親の映像を見て「非常に驚き、衝撃を受け、気分が悪くなった」と語った。

弁護士によると、ダオさんは前歯2本を失ったほか、鼻を骨折し、脳震盪(のうしんとう)を起こしたという。当時の映像はソーシャルメディアで多くの人に共有され、関心を集めた。