ISのアフガン浸透への米政権の懸念度示す 爆撃で元大使
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ISによるアフガン浸透への米政権の懸念度示す 爆撃で元大使

米軍がアフガニスタンで過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)が使用するトンネル施設を爆撃したことについて、米国のザルメイ・ハリルザド元駐アフガニスタン大使は、シリアやイラクで攻勢を受けるISのアフガニスタンへの移動をトランプ政権がいかに深刻に考えているかを示していると語った。