トランプ氏の納税記録を 公表求め全米でデモ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏の納税記録を 公表求め全米でデモ

米国人の税金申告期限に合わせて15日、ドナルド・トランプ米大統領に納税記録の公表を求めるデモが全米各地で行われた。

カリフォルニア州バークリーでは、トランプ氏の支持者と反対派とが衝突。数人が負傷し、少なくとも21人が逮捕された。

トランプ氏は長年の慣例を破り、大統領選の最中から納税額を公表してこなかった。米大統領選では1976年以来、候補者は全員、納税記録を公表してきたが、公表の法的義務はない。

3月には、トランプ氏が2005年に1億5000万ドル(約170億円)以上の収入に対して、所得税3800万ドル(約43億円)を納税していたという申告内容の一部が、米報道機関にリークされた。